郡上おどり☆徹夜でダンシングオールナイト♪

岐阜

郡上おどり、初めて行ってきました。

想像以上にすごい!

いつまでたってお終わらない。
橋の上で寝ている大人や子供、ここまでして徹夜で踊るパワーに圧倒されました!!!

場所

吉田川周辺の綺麗な城下町、郡上八幡

郡上八幡 城下町一帯
(岐阜県郡上市八幡町 市街地各所 ※日ごとに会場が異なります)

地図があってもわかりにいけれど、聞けばだれでも答えてくれる。
「この道の突き当たりを左に行って、橋を渡ったところ」
って感じで。

そして人の流れに乗ってると適当につく。

駐車場

13日の午後8時ごろに郡上八幡に到着したらすでにあちこち満車状態でした。
八幡小学校に駐車するのが一番便利。
近隣の民間駐車場もありますが、値段がわからないので地元の精通した人しか難しいかもしれません。
八幡小学校が満車だったので「どこにとめられますか ?」と聞いたら、
「今はもう八幡中学校しか空いてないので、ここをあーいってこーいって信号あーいって、右に曲がったところへいってください」って・・・・。
ぜんぜんわからん。
とりあえず前の車に付いて行ったら八幡小学校につきました。ラッキー!!

八幡中学校は踊り場から離れていて駐車場からは15分毎に送迎バスで踊り場近くのバスターミナルとの輸送をしてくれます。とっても便利。

八幡小学校が一番近くて便利  朝まで1000円

八幡中学校はバス送迎あり   朝まで1000円

服装

服装はなんでもオーケー
ちなみに私は、普通に麻のゆったりパンツと麻のプラウス。
多分汗だくに(実際汗だくになった)なるだろうと予想して麻をチョイスして正解。
暑いのなんのって。。

面白かったのは浴衣で踊っている、多分地元のおどりがとてもお上手な女性は首に扇風機をかけていました。
よく若い子が小型扇風機を持ち歩いてるのを見かけるけれど、この女性のは首掛け式。
ファンが2個付いていて、快適涼しそう〜〜♪ナイスですね(笑)

下駄

下駄は必需品!!!
ここではおどらにゃなりません。
もちろんなんでも大丈夫なんですけど、もう気分がまるで違います。
下駄をカツカツして、足拍子で踊るのがめっちゃくちゃ楽しい。

服装はともかく下駄は必須アイテムです。
その下駄。
2本の歯のついた下駄がおすすめ。(画像参照)
よくある女性のゴムの敷いてあるのは音が出ないのでつまらないです。

もしなければ下駄屋さんはたくさんありました。
今回私は自前の履き慣らした黒い下駄を履いて行ったんですが、白木(桐?)の下駄の方がかっこいい♪
また来年も行くなら絶対現地で調達しよう♪

下駄は安いものだと2000円くらいからあるそうですよ。
鼻緒の調節もその場でしてくれるそうです。
さすがの郡上ですね。

ダンシングオールナイト郡上♪

 

徹夜で踊ろうダンシングオールナイト♪
初参加で踊れるの〜〜???って思ってました♪
でも心配しなくて大丈夫。
ほんと、すっごく普通に踊れます。
すごく上手な人は一番内側の列で踊ってくれるのでその真似をすればオーケー。
人が多くなってくると3列くらいになります。
外側3列目は下手くそが多いです。
外人さんもたくさんいて、もうエキサイティングい楽しそうに踊りまくってました(笑)

輪になって踊るんじゃないんだ

盆踊りって広場で輪になって踊るイメージかなかったからちょっとカルチャーショックでした。
十字路を手裏剣型に回って踊るの・・・(わかりにくいね・・)
こんなのも初めて見た。

演目

10曲ありますということですが初参加の私にはさっぱりわからん・・(^^;;
でもね、一曲はちゃんと覚えたの
「春駒」
なかなか勢いのある曲で、踊りも力強い
下駄をカツカツ鳴らしながら踊るのがすっごい楽しいぞ。

演奏

郡上おどりの素敵なところは生歌生演奏。
屋台の大きなのが四つ辻にデンと居座って、ここが郡上おどりの中心になります。
この生歌・・、踊る人と一体になって、調子がバッチリ。
よくわからなくても、息ぴったりなのを感じました。
贅沢な盆踊りですよね。

踊らにゃそんそん♪

結局私は9時から踊って足がガクガクになり午前3時でリタイア・・
もちろん9時から3時まで踊り続けたわけではなくて、晩御飯食べたり飲んだりかき氷食べたり、吉田川で足をつけて遊んだりしていて、サボった時間もたくさんありましたが、結論は「郡上おどり」は楽しい!!
いくらでも踊り続けることができます。
最初は手と足がさっぱりいうことを聞きませんが、なんとかなってくるもんです♪
やってるうちに体が勝手に動き出す。
そうなると面白いのなんのって・・
外人さんがエキサイティングになるのもわかったわ(笑)

こんなところでみているだけなんて損ですよ。
いっぱい踊りましょう♪

DETA

重要無形民俗文化財指定、日本三大民踊(日本三大盆踊り) 「郡上おどり」

2019年スケジュール:7/13~9/7
平日・日曜日:20時~22時半
土曜:20時~23時
徹夜おどり:20時~翌4、5時

奥美濃の城下町「郡上八幡」の夏を彩る、一大伝統行事。
7月中旬から9月頭の約2ヶ月間に約30夜にわたって開催される、日本一長期間の祭りです!

「かわさき」「春駒」をはじめ、全10種の曲目を、毎晩 保存会等による「生演奏」で踊る大変贅沢な踊りです。
※10曲全部が国の重要無形民俗文化財に指定

また、多くの祭りのような「観る」踊りではなく、「参加する」踊りであり、年齢・性別・国籍・経験関係なく誰でも踊りの輪に加わることが出来ることが人気です!

クライマックスはお盆(8/13~16)の4日間の「徹夜おどり」
名前の通り、夜20時に始まり、翌朝4時5時頃まで踊り明かします!

風情ある城下町の雰囲気と共に郡上おどりをお楽しみください!

こちらから引用↓

郡上市の公式観光情報サイト【TABITABI郡上】(たびたび郡上)
【郡上市観光連盟公式】岐阜県郡上市の魅力が満載!日本三大盆踊りの「郡上おどり」、西日本最大級のスキーリゾート「高鷲マウンテンズ」、登山(トレッキング)の名峰「大日ヶ岳」、郡上八幡城、阿弥陀ヶ滝、道の駅、古い町並み散策、明宝ハム、和良鮎など郡上市の7つの街(八幡、大和、白鳥、高鷲、美並、明宝、和良)を詳しくご紹介しており...

まとめ

前回はお昼間に吉田川周辺を散策したのですが、夜の郡上はエキサイティングでした。

2年前にお昼間の郡上の散策に行ったことがあるのですが、綺麗な水が街のあちこちに流れていて、水音の素敵な街でした。

今回はくらくてスマホのカメラで写しにくいのと、踊るのが忙しいのとで、画像が少ないのが残念。

来年また行けたらたくさん写して、たくさん踊ろう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました